よくある質問

Staff 社員インタビュー

TOSHIKI YAOSAKA
八尾坂 寿樹

2004年入社  カーライフアドバイザー 

この会社を選んだ理由は?
(入社の動機)

一言で言えば、当時の企業説明会担当の方の印象が強かったからです。元々は『機械いじり』が好きで自分の車やバイクを触り、整備士として働きたいと思ったことがきっかけでした。そして整備士として働くならば、技術力や知識のつくディーラーに勤務し、自身の成長にしたいと思いました。合同企業説明会で他メーカーを含むディーラーの方の説明を聞く中で、当時の当社説明担当の方が非常に印象に残り、企業訪問への参加を行いました。そしてお店や工場を見学させていただき、スタッフの明るさやチームワークを見て、ここしかないと思いました。そして採用試験を受け、残念ながら不合格。それでも、他の企業にはないものがあり、どうしてもここでという思いが強く、進学してもう一度チャンスを作り、無事に採用となりました。二度目の合同企業説明会で担当の方が自分の事を覚えていてくれたのも、この会社を選んだ理由です。

仕事での苦労や難しい点は?

苦労する点は、やはり人と人との繋がりです。私たちは自動車という高額な商品を取り扱っていますが、一番大切にしなければならないことは、お客さまやスタッフ、『人』だと思っています。おクルマのご相談や点検のお伺いなどのやりとりの中で、お客さまに徐々に信頼をいただけるようになったり、日々仕事の中でスタッフ同士の連携が生まれていきます。人間関係の土台を築くのは簡単なことではありませんが、とても大切なことだと思っています。難しい点は継続することですね。よく『継続は力なり』と言いますが、長く続けると考えや行動がパターン化して、中々成果に繋がらなくなります。今の時代は次から次へと新しいものに変わり、同時に人も変わっていきます。それに合わせて自分も変わらなければならないと言うプレッシャーは大きいですが、その中でも何か小さな成果がひとつでもあれば、次へのステップに繋がると思います。

入社する前と後で、仕事・会社に対するイメージが変わった点は?

自動車ディーラーというと全てが硬いイメージでしたが……実は違いました(笑)。もちろん仕事面では厳しい時もありますが、意外に皆さん冗談を言ったり、趣味や気の合うスタッフ同士で遊びに出かけたりします。ある意味、これがチームワークの源ですね。入社したての頃は緊張や不慣れなこともたくさんありましたが、上司や先輩からアドバイスを受けたり、時には一緒に悩んでくれたり、スタッフ同士の連携力は思っていた以上でした。
そして何より驚いたのはスタッフのお客さまを思う気持ちです。会社である以上お客さまは大切な存在ですが、私たちの会社は一人一人のお客さまを個々に考えているんです。お客さま一人一人に合った話題や情報など、真剣に考え、真剣に向き合うからこそお客さまも応えてくれると実感しました。今では、お客さまと冗談を言って笑ったり、中にはご結婚の報告に来てくださる方もいらっしゃいます。お客さまが親しみを持って接してくれることが嬉しいですね。

自分なりのスタイルで働けるのが魅力。

「とにかく足を動かす」というタイプのC/Aもいますが、私の場合はメールや電話を使ったお客さま対応がメインです。自分なりの働き方ができるのが魅力ですね。競合の中で、NISSANブランドを選んでいただいた時や、提案や説明の工夫が結果にあらわれた時は達成感で満たされます。